FC2ブログ

Fire Maple FMS-100T 

カテゴリ:キャンプ用品

先日チタン製という誘惑に負けて海外輸入したメタルクラブのパチモン?商品が届いたのでファーストインプレッションです。

キャンプ道具のインプレってことで、久しぶりにナチュログのほうで記事書きました。

それでは、尻尾のある生活 へどうぞ
スポンサーサイト

実験終了 その2 

カテゴリ:日記

実験の結果

3時間35分ほどでバッテリーEnergizer XP18000の充電完了しました。

まぁ予想通りという感じですね。
天候は晴れていたが、地面にべた置きだったので効率はそれほどよいとはいえないけどコンスタントに19-20Vを推移していたので問題ありませんでした。

曇りになると17-18Vあたりを推移するのでソーラーパネルから直結での充電はできなくなります。
この場合は充電コントローラーを通して14V程度の一定電圧を取り出してDC-ACコンバーターで100V出力にしてあげればOKですね。まぁこれもかなり効率悪い方法です。
曇りの場合用に充電コントローラーで取り出したあと19Vに昇圧して直接充電するのが効率的にはよさそうですが、このためにわざわざ昇圧回路を組んで荷物を増やすのはどうなのかな??
装備重量的には昇圧回路のほうが軽くなるのはわかってるんだが・・・・。

家でソーラーパネルのみで生活とかになるなら無駄を省く意味で昇圧回路での充電は検討する課題かもしれませんが、とりあえずバイク移動主体ってことで今のところ100V仕様で使います。
DC-ACコンバーターであれば、バイクの常時電源から走行中の充電やそのほかの機器転用もできるしね。

っというわけで、キャンプでの活用方法を少し考えてみた


充電したEnergizer XP180002個を持って出発。

携帯やGPSなどの機器をバイクからの電源で充電しながら使用して移動。

キャンプ場にてソーラーパネル広げて設営。

Energizer XP18000は夜間の照明(ほおずきなど)やエネループ・電子機器の充電に使用。

寝る前にソーラーパネルにEnergizer XP18000を接続し就寝。

翌朝日の出から充電が自動的に開始される。

午前中にはEnergizer XP18000一個充電完了。

午後からEnergizer XP18000も充電する。(前日に2個とも使い切った場合)

そのまま夜にはまたEnergizer XP18000の電源を使って充電など使用。

翌朝から充電


以上のパターンでいけば太陽光発電のみで連泊できる予感です。

そのうちキャンプ場で試してみたいです。

ただいま実験中 その2 

カテゴリ:日記

以前購入したPowerFilmの60Wソーラーパネルでの実験です。

今日は天気がよいのでベランダにだして充電実験です。

DSCN1426.jpg

充電するバッテリーはEnergizer XP18000です。

すでにGPSストアさんが同様の実験を行っているので今さらなのですが、一応どのくらいの時間で充電できるのか自分なりに把握しておきたかったのです。

ソーラーパネルの発電電圧が19-20Vでした。充電用のACアダプタの出力が19Vで、充電時間が3~4時間ということでしたのでソーラーパネルでもほぼ同じくらいの時間で充電できるでしょう。

4時間後どのくらい充電されているのか楽しみです。