スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジロック その5 最終日 

カテゴリ:夏フェス

とうとう、フジロックも最終日。

この日は15:10からの頭脳警察以外はノーチェック。
しかし、天気予報を見ると午後から雨の予報。

頭脳警察見てから帰るとなると雨のなかずぶぬれになるんだろうなぁっと考え、しばらく悩みましたが、月曜日から仕事があると考えると早めに帰ってゆっくり休むことを選択。
残念ながら、頭脳警察をみないで変えることを決断しました。
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
朝起きると、空の天気もなんだかドンヨリとしておりいやな感じです。

テント内に散らばった荷物をまとめつつ、テントを換装させます。

いやはや、積載満載バイクはやっぱり荷物も多い(笑
一度では荷物が運べず、結局3往復してしまいました(涙

すべての荷物をバイクに載せて、バイク雑誌の取材?を受けたりしつつ談笑をしていると水滴がポツポツと落ちてきました。

なんとなく雨の予感がしたので予定より早めの出発です。
まだまだ午前中ということで、会場に向かう人ごみを横目にバイクで走ります。

もう、みんなの視線が後ろの尻尾に集中してる感じ(笑
ミラーをみると6割の人が振り返るんだもん!!

ココ最近のお決まりのセリフ、「こっちみんな!!
っと心の中で叫んでおきます。

来るときは月夜野ICから三国峠から来たので帰りは湯沢駅方面に降りて湯沢ICから高速に乗るとします。
案の定、山を降りると雨は振っておらず天気も良いので、最後に温泉入ってさっぱりしようと、「江神共同浴場」にいってみると・・・。駅前商店街の真ん中にある温泉のため、バイク止める場所がない(><)
同じ理由で、湯沢駅構内にある「酒風呂 湯の沢」も断念。

湯沢駅近くでバイクが止められるところを探しましたが、なかなか良いところがない。
このページを参考に、結局先日立ち寄った駒子の湯が一番適していると判断し移動開始です。ここは湯船も広く、シャンプー&石鹸もあるし休憩室も広い。そしてきれいなので、立ち寄り温泉としては☆4つを上げたいくらいですね。足りない☆は源泉欠け流しではないことです。

前回は夕方だったためか人も少なく地元のおじちゃんたちが入ってたくらいでしたが、今回はフジロックに参加したと思わしき外人さんやリストバンドをつけた若者がチラホラといます。やっぱり車で立ち寄れるせいか、帰りがけに寄ったのでしょう。

きれいさっぱりしたあとは休憩室で汗が引くのを待ち、出発です。

ふと見上げると空にはなにやら怪しい雲が立ち込め始めます。
なんだかヤバイ雰囲気。
PAP_0087.jpg PAP_0089.jpg
休憩中に某目的地が分からない人のブログを見ていると昼前に猪苗代で雨降られたとエントリーがあるのを発見。どうやら徐々に雨雲が近づいている様子。

さっさとバイクにまたがり、湯沢ICから高速に乗ります。

高速道路は行きの教訓を生かし120km/h縛りののんびり走行。関越トンネルを走行中、お土産買うのを忘れたことに気が付いたけど、すでに遅し(笑
仕方ないので、赤木高原SAで購入することに。どうせ高速のSAにはそれなりのお土産はあるだろうからと楽観的になってます。ホントは湯沢駅立ち寄ってフジロックッキー購入する予定だったんですけどね、温泉に早く入りたくてすっかり忘れてしまいました。

今更言ってもしょうがないので、お土産は全員「柿の種」ですwww

行きの赤城高原SAではおやくそくのソフトを食べたので帰りはかぼちゃのおやき。
SANY0123.jpg

バイクの側で食べていると地元のバイカーさんに話しかけられます。
やっぱり、尻尾が珍しいようでいろいろと聞かれました。
そこへ、合羽を着込んだバイクがやってきたので話を聞くと新潟方面は雨が降ってるとのこと。空を見上げるとまたしてもドンヨリ雨雲が。

ココから、雨雲とかけっこの始まりです。

そそくさと身支度を整えおっちゃんたちに別れを告げ、次の休憩ポイントの上里SAに向かいます。
途中の下り勾配で、ふとメーターを見ると縛り制限よりも速度が出ていましたが、行きに感じた横ブレが起きません。そこでためしにアクセルをひねるとぬおわkm/h付近まで問題なく走行することが出来ます。
行きと違うことといえば、Uni-Goの荷物の詰め方です。
行きは適当に詰め込んだ荷物も、帰りでは重量物をなるべく載せないか、底のほうへ載せるようにしましたが、これがあたりだったようです。どうやら、積載バランスの問題だったようで、これで一つ不安材料が解消されました。

とはいえ、この速度から減速はやっぱり危険を伴うのでぬふわkm/hあたりを限度にして走行したほうがよさそうです。追い越しやもしものときのためのマージンを残しておきます。それに高速で流れに乗るには十分な速度ですしね。

そして、やっぱりというか必然というか抜かしたり抜かされたりする車やバイク、みんな見やがります(笑
さすがにもうなれましたが、尻尾に突き刺さる視線はやっぱり痛いです。

そのまま上里SAに到着。メッシュジャケットを着ていても、スカブの風防性のよさで風のあたりが弱く、結構暑い。水分補給をし当然のごとくソフトクリームを食べながら、のんびりと休んでいると、通り過ぎるおっちゃんと子供が、尻尾を指差してカッコイーっと・・・。側のベンチでそれを眺めつつ、ニヤリw
PAP_0086.jpg

それにしても通り過ぎる人みんな見ます(笑
やっぱり、注目度たけぇ~なー。

上里SAには足湯があったなぁっと思って移動しようとしたら、またしてもドンヨリ雨雲が見え隠れします。
もう、追いかけっこも慣れてきました。足湯はあきらめ、次の高坂SAまで走り抜けます。途中事故で1車線しか通れず渋滞が起きていましたが、Uni-Goは車幅よりも狭いのでなんなくすり抜け可能。すばやい切り替えしがつらいのでそこだけ注意しつつ進みます。

高坂SAに着くとバイク用駐車場はほぼ満車。しかたないので車道の端っこに止めると警備の方がやってきてバイクはバイク置き場へ置いてくれっと言われるが尻尾付いてるから無理!!というと、ビックリされます。
その後、主任っぽい人がやってきてなにやら相談しています。
結局4輪用にとめてということで、ちょうど都合よくあいた4輪用の駐車場にとめます。

ぶちゃけ、車幅1mちょっと、長さ4mちょっとの車両をバイク用に止めるほうが間違ってます。車用に止めたって長さが車なみなので一台とめるとそれだけでいっぱいいっぱいですよ。

これでサイドパニアにE36NJやE46NJなんかつかったら確実に前後左右の寸法が軽自動車並みになります。 
ためしに寸法計算してけど、現在つけているE21で幅が1030mm程度なのでE46NJとの幅の差が片側184mmコレが左右だら368mmなので、1030+368=1398mmとなります。現行の軽自動車規格の1480mmですから、僅か8cmしか違いません。長さにいたっては軽自動車は3400mmですので、スカブの
全長にUni-Goの全長を足すと2260+1350=3610となって完全に軽自動車を越えます。

自分で言うのもなんですが、ふざけた車両です。

高坂SAでは食するのは東松山の名物焼き鳥。
外の売店の売り上げ上位に入っているというねぎまを注文。
しかし、このねぎま。お肉は鳥ではなくて豚のカシラ。これに味噌ダレが付いているものでした。
これがなかなかおいしいのですよ。
CA3B0082.jpg CA3B0083.jpg

しっかし、高速使ってツーリングするとSAのたびになにか食ってる気がするねぇ~。
SAにはなにか魔物が潜んでいるにちがいない!!

そういば、どこかのTV番組で高速SAグルメ旅をやっていたような気がしたけど、あながち間違いじゃない企画かもしれませんね。

さて、四輪用の駐車スペースに止めただけあって、通行する人々がものめずらしげに見ていきますw。
中には立ち止まって写真とってる人まで・・・(笑

そんなこんなで時間はもう夕方になってしまいました。空を見上げてもドンヨリ雨雲は見当たりません。
どうやらかけっこには勝利したようです。

この後は圏央道を抜けて中央高速に入り八王子ICで降りて家に帰るだけとなります。

今回の旅はナビをほとんど使ってないことに気が付きました。
一応いつものようにナビは付いているのですが、ほとんど音楽再生機器となっていましたね。おかげさまで退屈せずに走れましたが、その代わりといってはいけませんがログ取りするのを忘れています(笑

まぁ別に高速と国道17号線しか走ってないのでログ取るほどでもなかったですけどね。

SA毎に何か食ってるおかげで、おなかもいい感じに膨れてきたので、バイクに戻り最後の一踏ん張りです。後はノンストップで家まで帰宅してまいりました。

この4日間天候が悪かったけど、フジロックという一大イベントを楽しむことができてよかったと思います。

次回、「フジロック その6 トレーラーツーリング総括編」となります。
今回は初のバイクトレーラーでのキャンプツーリングだったため、いるものいならいものなどなど、フジロク特有のものなどなど気にあることもあったのでちょいっとまとめてみましたよっと。
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/152-8711969d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。