スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKYWAVE650 LX インプレション 走り編 

カテゴリ:SKYWAVE

余計な記事ばかりを書いて肝心な走り編を書くが遅くなりました!

というわけで、今回は走りのほうをインプレッションして見たいと思います。
とはいえ、方々のサイトで書かれていることとホントたいした差はありません。

初めて乗ったときは250の細いトルクからのギャップで、トルクあるなぁ~っと思いましたが、しばらく乗っているとやはり車体のの重さの割りに低回転域でのトルクが細いことに気がつきました。
60km前後を走行するとき、MTモードでOD走行していると2000回転程度で走れることもあり、燃費走行が容易にできます。しかし、ひとたび追い越しや急な加速を必要とするときアクセルをひねっても650ccらしい加速はせず、ちょっとモッサリ。やはり、車重に対してトルクが足りていないと実感します。

DモードやPowerモードではそのようなことは感じず、しっかりと加速もします。ただし、CVTらしく出力の出方が一瞬遅れる感じはあります。このあたりはクルマのATと同じ感覚です。

重たい車体ではありますが、回転数を高めに保って走れば今のところは、パワーについてはそれほど不満を感じることはあいません。

次にコーナーリング性能です。
まず初めて乗ってびっくりしたのは、結構簡単に倒れること。現行の250の車体も重さの割りには結構キビキビだったのですが、重心が低いこととフロント周りのセッティングのせいか、セルフステアで簡単に傾いていきます。慣れていないと、曲がりすぎてしまいそうです。しばらく乗って車体に慣れるまでは慎重に運転しないと怖い思いをするだろうと感じました。
さらにびっくりしたのは思ったよりも車体を寝かせられること。もともとバンク角が浅い250TYPE-Mとの比較ということもあり、いつもの感覚で倒していってもスタンドをする感覚がありませんでした。勇気を持ってさらに倒すもスタンドやボディーをする気配が感じられません。自分の感覚のみとなってしまいますが、650はかなりバンク角が深い感じがします。これはうれしい誤算です。車体の大きさのわりにステップより下が絞り込まれているため、いい感じでバンクさせられそうです。
また、フロントステム構造普通のバイクと同じようにフォークを上下で固定しているため剛性感もあり、高速コーナーでの車体の振れも少なかったです。

加速性能は、某巨大掲示板の加速スレッドにあるようにビッグスクーターでは一番の加速力といわれているだけあり、本気モードの加速は目を見張るものがあります。
0-100m加速が4秒台というのすごすぎます。確かにリッターSSや私も持っているNSRのような2stレプリカマシンのすばらし加速に比べれば物足りないといわれますが、あの巨体をアクセル一ひねりするだけで、誰でもこの加速が味わえるのはすごいの一言です。さらに、SS系と違い乗車姿勢が直立に近いため、加速Gによって体が後ろに引っ張られる感覚がいやがおうにも、心躍らされてしまいました。
コレだけの加速性能があるため、もしものときの緊急回避において、加速で逃げることができるという選択しが増えたことはとても頼もしいことだと思いました。


インプレを読む方で最高速はどうなの?っと気にする方もいらっしゃると思います。
こちらのほうも慣らしを終えて、某私有地にてテストしてきました。ほぼ平坦な道でDモードで180km/hまでストレスなく走ります。私の車体では181km/hまで出るとその後は182と181をメーターがいったりきたりしてしまい、その後は速度が伸びませんでした。
ほかのオーナーさんのブログを見る限り、180km/h超えができるている話も聞きますし、Youtubeなんかでは、200まで出している動画もあるし、エンジンやギア比的には200km/h程度は出すことができそうですが、リミッターにより制限されているのか国内はこの程度までしか出ないのか、それは不明です。お金と暇があれば海外仕様のECUとギアでも手に入れて試してみたいものです。


全体的に感じたことはすでに多くのオーナーさんのインプレどおりの長所と短所だったというところでしょう。
650はK7からは形式がCP51AからCP52Aと変更されており、このことからエンジン周りに対して変更が入っていることがわかります。コレはSUZUKIの形式解説から、CPに続く数字の1の位が車体開発の順番を表すことが多く。特にエンジン関係に手が入れられていると数字が変わるようです。07年の排気ガス規制の導入により排ガスに対する対策が施されたことによる形式変更ではないかと私は推測しています。(250で同じように44型が46型に変更になっていることから推測しました。)このあたりはおいおいサービスマニュアルを入手したときにわかると思います。
この変更により短所がなくなったのかといえば、NETで得る情報との差がほとんどないことから今までの短所はそのまま残っていることでしょう。

とはいえ、スクーターというジャンルの中では十分な性能があるため普通に乗る限りは必要十分であると思えます。

まだまだ、乗り始めということもあり不満らしい不満もなく乗っていますが、今後は短所に対して不満が出てくると思います。その時は自分なりに短所を克服する方法でも見つけたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします

関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/17-73e13580

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。