スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本栖湖キャンプ場 8/12-13 

カテゴリ:キャンプ

8月には行ってから、フジロックまでキャンプを我慢していた反動かフジロック後はキャンプに行きたくてウズウズしておりました。

お盆休みはガッツリキャンプ行くぞ~っと意気込んでいたら地震の影響で東名高速が通行止め。潮岬辺りを予定していたのにいきなり中止。

あきらめきれず、おなじみ富士山周辺のキャンプ場へ突撃してきました。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
お昼ごはんを食べて、のんびりしようと思ったのにあまりの暑さに絶えかねて、きなり富士山方面へのキャンプ出撃を決めました。

潮岬方面の出撃予定が中止になってキャンプ道具は仕舞っていたので、また詰め込み直しです。
出発が遅くなると日没到着になってしまうので、あわてて荷物を詰め込みます。

コンパクトにしてプラっと行くつもりが、荷物パッキングが面倒ということでUni-GOつないで、適当に荷物を詰め込みます。これが後で大変なことに・・・(笑

そんなことをしていたら、親から依頼が一つ舞い込みます。
元上九一色村(現在:富士ヶ峰)にある別荘へ洗濯物を置いてこいとのこと・・・

Uni-Goのスペースに余裕があるし、SKYAWAVEのシート下も丸々開いてるので問題なし。ってことで途中で荷物を置いていくことに。

そんなことをしていると、出発は結局3時過ぎになってしまいました。

今回のいでたちはフルパニアにUni-Go。久しぶりにリアシートに何も載せてません。
出発がもう少し早ければ高速道路で渋滞見学しながら行くつもりでしたが、結局いつものように道志みちを使います。

お盆休みの真ん中で平日。しかもお昼過ぎということもあってか道はすいています。
順調に山中湖を抜け国道139号線を使って西湖に向かいます。

第1候補の西湖自由キャンプ場へ到着すると・・・

あぁ。やっぱり難民キャンプです。奥の湖畔寄りにスペースはありましたがファミキャンが多く落ち着きません。この時期の西湖は来てはいけませんね(笑

ココはさっさと移動するに限ります。次に向かった先は本栖湖キャンプ場。

本栖湖に到着すると、やっぱり人は多いです。とはいえ、敷地が広いため探せばまだまだ場所は開いています。
入り口近くは湖で遊ぶ人やファミリーが多いのですが、奥のほうでしたら隣のキャンパーと距離を置けるだけのゆとりがありました。
今回は一番奥と思われる場所にテントを幕営します。

トイレが近いのと電灯があるのが少し不満ですが、いい場所が少ないので文句は言ってられません
 _DSC2781.jpg

なんとか日没前に幕営完了です。
後は荷物を運び込むのですが、めんどくさいのでUni-Goごとテント内へ放り込みます(笑
20090812183255.jpg

ほんと、参天って楽でいいわぁ~。
今回はバイクは表に放置です。
_DSC2786.jpg

時間に余裕があればランブリソロも幕営してシャン8は車庫専用にでもしようかと思いましたが、残念ながら時間もなければスペースもなかったので断念しました。

幕営完了したので親に頼まれましたお遣いのため、富士ヶ峰に向かいます。
富士ヶ峰はR139からわき道にそれ県道71号富士宮鳴沢線に入りすぐのところにあります。
時間にしておよそ20分ちょっと。1時間もあれば戻ってこれます。

すぐに戻ってくるはずが71号線に入るころにはあたり一面霧によって視界不良に。
前方2m先は真っ白になってしまいました。

とはいえ、そこは慣れ親しんだ道なので道順に不安はありませんが、不意に飛び出る動物や人をはねないかとヒヤヒヤしながら進みました。

結局1時間程度で戻ってくる予定が1時間30分ほどかかってしまいました。

キャンプ場へ戻ると辺りはすでに真っ暗。

いそいそと今日の夕食の準備です。今回の夕食は新たな道具のお試しの場となりました。

今回新たに沼に放り込まれたのは
_DSC2787.jpg 
こんな道具。これは炊飯袋という商品でビニールの袋のなかにお米と水を入れ封をしてあとは20分ほどゆでるだけ炊きあがるというとても簡単な商品なのです。
同じような商品として、ユニフレームから「不思議なめし袋」という商品が発売されていますが、それと違うところは、袋に米と水を入れてゆでるため、ゆでるお水は汚い水でも大丈夫。また、同時に他の食材をゆでることもできるところなのです。

早速いつもの無洗米と水を入れ輪ゴムできっちりと縛ります。
あとはお鍋にいれて20分ほど煮るだけ。

急な出発と日没との戦いどこにも寄らずにやってきたので食材はレトルトのみ。

っということで今夜の夕食はレトルトのカレー。レトルトなのでお湯で温めるだけ。

簡単ですね。
米を煮ているお鍋にレトルトのパックも同時に投入です。米とレトルトパックを入れてるのでお鍋に入れるお水も少なくてすみます。
これは結構簡単だし、水の節約にもなる。もしかしてこいつは便利かも?

約20分ほどたったのでお鍋から出しさらに15~20分蒸らします。
_DSC2792.jpg
適当なさらにご飯とカレーを入れて完成です
_DSC2793.jpg
あわてて出発した割にお酒とソーセージだけは忘れてません。
_DSC2794.jpg _DSC2795.jpg
ソーセージをボイルしてお酒のおつまみも完成。

これでひと段落というところでしたが、やっぱり私はネタを作ることは欠かせないようです。
ふとした弾みに、食器が落ちて地面にカレーとご飯が・・・!!
約1/3ほど地面に食べさせてあげました。orz
おかげでカレーが足りなくなってしまいました。しょうがないので第2弾。クリームシチューを温めます。
_DSC2796.jpg

今回は適当に荷物を詰め込んだので、キャンプ系の保存食を入れているバッグごとUni-Goに積んだのでレトルト食品だけは豊富です。これ以外にビーフシチューやら、牛丼やら、ほかにはマルタイ棒ラーメンなどなどいっぱいありましたが、そこまで胃袋は大きくないのでこれらの食材はまた今度。

おなかがいっぱいになったのでのんびりとMixiに書き込みをしたり、ブログ巡回をし時間をつぶします。
さすがに12時を過ぎると眠くなったので、本日は就寝です。

さて、今回の寝床は・・・
_DSC2789.jpg
一人用棺おけメッシュ???

フジロックで活躍予定だったのが使われないままになるところを持ち出しました。
コットの上にこいつを置いて寝床の完成。

ジッパーを開けて中に滑り込みシェラフを布団代わりに眠りにつきます。

目を開けるとすぐ目の前にメッシュの天井が見えなんとなく圧迫感があり最初は窮屈でしたが、メッシュによって回りが見えるのですぐに慣れてしまいました。

身長160cmの私ですが、少しでも上や下にずれただけで頭やつま先が当たってしまうため、170cm以上の人ですと頭かつま先、もしくはその両方が当たってしまうと思われます。

身長さえカバーできればこいつはなかなかよいかもしれません。
後の問題は収納スペースが思ったよりも大きいので、Uni-Goがないときにバイクにどうやって積むかですね。

さすがコット。普段のように地面にマットにくらべぐっすりと眠ることができました。

おきてみると外は快晴。 とってもよい天気です。
残念ながら富士山は雲で隠れて見えませんが青空が見え、暑くなりそうな予感がしました。
_DSC2797.jpg

とくに予定も入ってないからと、ミルクランド寄って静岡方面で温泉入って、通行止めで混んでいるだろう東名で渋滞見物がてらのんびり帰る計画を立て、本栖湖キャンプ場を出発。

ミルクランドに到着するもサイフの中身が所持金158円!!
キャンプ場代払っただけで終了していました。

急な出発でサイフの中身を確認するのを忘れていました。近くのコンビニによるもATMはなし。
静岡方面で寄り道するのをあきらめ、県道71号を戻り、道志みち経由で帰宅しましたとさ・・・

道の駅「道志」ではいつものようにバイクがいっぱい。
_DSC2798.jpg _DSC2799.jpg
なけなしのお金でおからドーナッツを買っておなかを満たし、後はただひたすら家までかえりましたとさ・・・。

教訓:急なキャンプに行くときはまずは財布の中身を確認してから出発することにしましょう。

まぁ今回新たな道具を試せたのでよしとしましょう。

これで8月の練習会でホレホレする道具が増えましたよ。
炊飯袋は100枚も買ってしまったのでほしい人いれば10枚150円でどうですか?

練習会に持って行く予定ですので、ほしい人は現地で言ってくださいね。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

No title

キャンプ良いですね~

私は最近登山にはまり、ほかのアウトドアにも興味を持ってきました。

でも道具そろえるのとか大変そうですね。。

Re: No title

はじめまして

> キャンプ良いですね~
キャンプは楽しいですよ~

> 私は最近登山にはまり、ほかのアウトドアにも興味を持ってきました。
> でも道具そろえるのとか大変そうですね。。

このブログによくコメントしてくださる方々はキャンプや道具にはまってしまって
大変な人が多いですけど、普通にキャンプを楽しむでしたら思ったほど大変ではないですよ。

道具よりもいかにキャンプ場で楽しく過ごすかが大事だと思います。





No title

この炊飯袋おもしろ~い!
ゆでる水というか容器は大きくないとだめなんでしょうか?
炊飯袋を売ってるサイトの容器とかも欲しい~~!
プロさんのところのん見てたらキャンプもどきがしたくなります(^^)

Re: No title

> この炊飯袋おもしろ~い!

おもしろいですよねぇ~
災害用として持っておくのもいいですよ。

> ゆでる水というか容器は大きくないとだめなんでしょうか?
ゆでる水はお米150g分が炊き上がった塊が20分煮ることができる量あれば十分です。
大きさも、ご飯茶碗一杯程度のご飯の塊が煮ることが出来る程度の大きさがあればよいです。
逆に大きな容器を使うなら、この袋を一度に何個も煮ることが出来ます。
災害時には大なべにコレを何十個も入れて一辺に煮て、焚きだし用に使ってる自治体もあるようです。

> 炊飯袋を売ってるサイトの容器とかも欲しい~~!
> プロさんのところのん見てたらキャンプもどきがしたくなります(^^)

うん。キャンプはたのしいですよ~
何をするわけでもなく、ただただテントに泊まってのんびりするというのがいいです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/170-75b435cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。