スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たに投入決定 焚き火台 

カテゴリ:キャンプ用品

やってしまいました。

先日からいろいろとコンパクトストーブVHSに代わる焚き火台を模索しておりましたが、とうとう新たな焚き火台を購入いたしました。

以前の記事へコメントをいただき参考にさせていただきました。ありがとうございます。

では購入したものをご紹介です。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
っとその前に購入にいたった経緯などを少し・・・。

前回の記事で候補に上げたものは

コンパクトストーブVHS-HB
プチかまど
M3
ノマド
コンパクト焚き火台B6

です。
サイズなどがまったく一緒のVHS-HBはアルミ製ですが内側に遮熱板が付き熱をある程度防ぐ構造になっています。このため変形などが少ないとすぐに想像できました。
しかし、値段が高いので保留。

プチかまど、M3、ノマドそれぞれコンパクトで燃焼効率もよく値段も安くとても魅力的でした。
しかし、熱による変形などどの程度のものか想像ができず困っていたところ、前回の記事にコメントをしてくださいました神流(かんな)さんが検証されブログにてご紹介してくださいました。神流(かんな)さんありがとうございます。
この記事を見る限り、チタンでもそれなりに変形を確認することができました。
その後の記事でコンパクトストーブVHSとの比較もおこなっており、大きさなどが比較できありがたかったです。

プチかまどに関しては、サイズ的に小さいかなっと。出来ればコンパクトVHS並みにあってほしいと思いました。ということで、M3あたりが次点で候補にのこりました。ノマドはプチかまどとほとんど同じと考え、サイズ的に候補落ちしました。

最後にコンパクト焚き火グリルB-6です。
こちらは情報も少なくどうしたものかと思いましたが、笑'sさんのブログを読んでいるとやっぱり歪みあるとのこと。ん~この収納サイズと重さは魅力的。
とはいえ、VHSと比べるとサイズっが・・・ということで、これも次点ですね。

最後にちび火君
重さもさることながら収納サイズもVHSよりもでかい。
とはいえ、DOをのせられる点や焚き火台としての性能も十分ありとても魅力的。
ブログを確認すると側面の板に歪みは見られましたが、ロストルや火皿についてはさほどゆがみが見られない。特に収納するときこの火皿にすべてが収納されるためココがゆがんでいると収納しづらいなど不都合があると思われましたが、歪みがないならきれいに収納ができるはず。

VHSにくらべ重さもサイズも大きくなってしまうがコレに決定したわけです。

そんなわけで、笑'sさんのネットショップのページからポチっとしたわけです。
最近では秀岳荘NETSHOPでも取り扱いがあるようです。


とこがどっこいそうも行かないのが魔人さんでした(笑

本日着払いで届いてお金を払い、袋から取り出してみるとなにやら一つ荷物が多いではないですか!!

_DSC3304.jpg

これはどうしたことでしょう??

_DSC3308.jpg _DSC3324.jpg

どうやら魔人さんは「ちび火君」をポチしたときなぜか一緒に「B-6」もポチっとしてくださいました(爆

 

もう、ホントに困った魔人さんです。
とはいえ、この2つでもVHS-HBとお値段はほとんど一緒ですからね。HB購入したと思えば安いものです。

ということで、次回のキャンプではこのあたりの点火式になるでしょう(www

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

No title

この手のコンパクトストーブっうか、コンパクト焚き火台は沢山持っています。
どうしても、自分に合った物を見つけるまでアレコレ購入してします。
基本的に炭などは使わず現地調達できる無料の枝、薪、濡れた木などを
使うためコンパクトでありながら高さも必要になります。
(燃焼効率を上げるため高さが必要・・・・長い木を入れるためではない)
ネイチャーストーブは炭以外だと底網が目詰まりしやすく使い物にならないです。
使用目的が違いますが、ユニフレームだったか、火起こし用の3角の奴が
良かったです。
調理目的なので火力調整を考え自作品を作りました。

カイロを使う良い季節になりましたね。
珍しい海外製の物から色々持ってますが、白金カイロが形状、性能も良いです。
寒くなるこれからが楽しみです。

Re: No title

>>しゃけさん

> この手のコンパクトストーブっうか、コンパクト焚き火台は沢山持っています。
> どうしても、自分に合った物を見つけるまでアレコレ購入してします。

ですよねぇ~
私もなんだかんだとあれこれ迷っているのです。
ネイチャーなどもほしかったのですがなぜか今の今まで我慢できました(笑
今回のポチリで焚き火台購入に拍車がかからないよう気をつけたいと思っていますww

> 基本的に炭などは使わず現地調達できる無料の枝、薪、濡れた木などを
> 使うためコンパクトでありながら高さも必要になります。
> (燃焼効率を上げるため高さが必要・・・・長い木を入れるためではない)
> ネイチャーストーブは炭以外だと底網が目詰まりしやすく使い物にならないです。
> 使用目的が違いますが、ユニフレームだったか、火起こし用の3角の奴が
> 良かったです。

火起こしがよいのは噂では聞いています。
バイクといえども積載力は豊富なうちの場合あえてコンパクトにこだわらなくてもよいので焚き火のときはすっぱりとスノピの焚き火台を持っていくことにしております。
それでもやっぱりMはおおきなぁと最近思いSの購入なんぞ考えてたりもしますよww

> 調理目的なので火力調整を考え自作品を作りました。

自作できる人がうらやましいですね。

> カイロを使う良い季節になりましたね。
> 珍しい海外製の物から色々持ってますが、白金カイロが形状、性能も良いです。
> 寒くなるこれからが楽しみです。

うちもそろそろハクキンカイロをメンテナンスしないといけないと思っています。
今年はアウトレットでBMやジャンボ手に入れたので、それのデビューもしないとなぁってwww

それにしてもハクキンカイロだけで10個近くある自分がこわいww

No title

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d97442154
↑が最近気になっています。

私もカイロは特大からナショナルの丸、11枚羽、9枚羽と沢山あります。
たぶん、10~はあるような気がします。
改造して異常に加熱する仕様や、長時間使えるようにしてみたり。
意外とナショナル丸が優秀なんですよ。
家の中でも冬は毎日使ってます。(笑)

冬野営ツーリングに出かけなくなってきた、ここ数年は家用のストーブにこだわり始めました。
アラジン、バーラー、パーフェクション、ニッセン、レインボーなど。
出かけない分、違う方向に走ってます。

Re: No title

> http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d97442154
> ↑が最近気になっています。

ポケットクッカーですか。
コレは私も一時期気になりましたが、 私の使い方にはいまいちと判断して候補からはずした記憶があります。

> 私もカイロは特大からナショナルの丸、11枚羽、9枚羽と沢山あります。
> たぶん、10~はあるような気がします。
> 改造して異常に加熱する仕様や、長時間使えるようにしてみたり。
> 意外とナショナル丸が優秀なんですよ。
> 家の中でも冬は毎日使ってます。(笑)

うんうん。なぜかハクキンは増殖しますよね。
私も火口を二つ三つ盛って火力増大とか、アルミホイルで揮発量を調整したりといろいろと改造しましたね。ナショナルのは残念ながら持ってないですね。その代わりナショナルカイロ用のベンジン。ゴールド500なら持ってました(笑 このベンジンの容器は注ぎ口が使いやすいので今でも白ガス入れて使っています。

バイクツーリングの時はいつもおなか1背中2の3個体制でカイロ使っていますよ。もちろん部屋の中でも使います。暖房使わない分燃料費節約になってるような気がします。(実際どうなんでしょうね?)

> 冬野営ツーリングに出かけなくなってきた、ここ数年は家用のストーブにこだわり始めました。
> アラジン、バーラー、パーフェクション、ニッセン、レインボーなど。
> 出かけない分、違う方向に走ってます。

アラジン・レインボーですかぁ・・・
この辺のストーブも気になる存在ですよね。とはいえ、我が家は床暖房あるのであまりいらないかも・・・。でも、冬の車キャンプ行くようになったらほしくなるかもしれませんね。

No title

>その代わりナショナルカイロ用のベンジン。ゴールド500
燃料の容器や箱もレアもので良い値段が付いていたように思いました。

ホワイトガソリンだと少し臭いが出ますが、ベンジンと使い分けたり混合して使ってます。
アメリカ製の巨大カイロは3.5インチHDDよりでかく燃費が異常に悪いです。

厳冬期のツーリングはアルミの水筒を湯たんぽ代わりにし首からぶら下げて走ります。
通気性が悪くなると暖かくなくなるホッカイロ、カイロの比ではありません。
寝袋の中でも、活躍しますし暖めるときはバーナーで直火なので簡単です。
首からぶら下げるのには少々重いのが難点ですが、股の上に乗るか乗らないかくらいに調整すると苦になりません。

キャンドルランタン&焚き火台&おかず現地狩りで調達&コンビニ禁止の野営も楽しかったです。
20年以上野営をしてますが、キャンプ場を使ったことがないんです。
(人が近くにいるのが嫌なのと夜は真っ暗になりませんし)
毎週日曜日はカミさんとのツーリングに付き合うため野営ツーリングは難しくなってます。
置いていくとうるさいし。

これからの活躍を楽しませていただきます。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/214-b4f044c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。