スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009冬装備 総合インプレッション 

カテゴリ:バイク用品

長い間またされてやっと・・・やっとスカブ君が戻ってまいりました。

といっても完治したわけじゃないんです。
そうですねぇ~。自宅療養?ってかんじですかね?

いくつかの部品がまだ届いていないのですが、走行に支障のある部品ではないので届き次第取り付けということで車両だけ戻ってきた状態です。

それにしても、まさかリアフェンダーがBOになってるとは・・・(笑
あとは、ヒッチメンバー。まぁこれはUSAさんのことですから、いつ届くのやら・・・。

そんなわけで、無事に戻ってきました。
本来はバージョンアップしたスカブ君を公開!!

ってところですが、ここのところ天気が悪くカッコいい写真がとれてないので、また今度。

で、今回のエントリーは年末に購入しておいて冬装備のインプレションと参ります。

興味深々って方はバナークリックしてから読んでくださいね。
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
さて、年末購入したといえば、電熱服。
購入時にいろいろと迷いつつ選んだのベスウォーマーライダーズセット


バッテリー駆動と12Vシガーソケット駆動の二通りの電源供給方法があります。
今回はバッテリー駆動を試してみました。

気温はスカブの温度計で8度。

装備は・・・
上半身:綿Tシャツ・綿セーター・ベスウォーマーラフロのR7655 ウォーターシールドウインターライディングジャケット
下半身:下着・ジーパン




以上。
気温はそれほど寒くないのでオーバーパンツは履かずに出発です。
目的地は秋葉原。トレーラーの電装用のリレー回路を作り直すので部品調達です。

R16からR246を走り、靖国通りを抜けて秋葉原へと向かいます。

スカブの防風性能は素晴らしく街中をのんびり走行するのであれば電熱服が要らないほどでしたが、R246に入りそこそこ速度が高く巻き込み風が強くなってくると流石に寒くなってきます。そこでベスウォーマーのスッチをオンにします。事前情報より走行中は5段階調節の最大がよいということなので、最大にセットします。
しばらくすると、じんわりと背中の発熱体が暖かくなり寒さを感じなくなります。

その状態ではしってみると、思ったより暖かくありません。これはダメ商品かも??っと思いましたが、今日はこのまま使ってみることにします。

1時間ほど走行し皇居が見えてくるころ気がついたのは、体が全然寒くないということ。
このときの外気温度計は7.5度。小雨がふる中の走行ですので、体感温度は5度を下回るかとおもいます。普段ですと、ラフロのジャケットを着ていても背中の芯から冷えるような感じがするのですが、それが全く感じられません。
信号待ちで止まるとわずかに背中がほんわかと温かさを感じます。ベスウォーマーの効果があることを実感します。
他社の電熱服は電熱線を服に縫込み温めるのに対してベスウォーマーはマイクロカーボンファイバーヒーターが遠赤外線放出し、体を温めます。このため、身体表面だけでなく体の中まで温かさが浸透しますので、発熱体表面で感じる温度以上に体が温まります。

このため、背中に感じる温かさは他の電熱服に比べ少なく、ほんとに機能しているのか心配になります。ただし、停車時やバイクを降りているときは(最大温度では)熱く感じるほどです。

メーカーに問い合わせしたところ、12V駆動のほうが設定が温度高く10度を切る温度のなか走行するのであれば12V駆動のほうがよいそうです。次回は12V駆動で極寒ツーリングにて試験を行って見たいと思います。

今回都内へのお出かけで使用した感じでは、60km/h以下であればバッテリー駆動でも十分使えると感じます。今回はセーターの上に着用していたため思ったよりも温かさを感じにくかったのですが、以前近所をUMI100で走ったときはTシャツの上に着用しジャケットを来てはしりましたが、このときはあかなり熱く火傷するかと思わるほどでした。
このことからも、バイク運用ではやはり12Vでの運用が望ましいように感じます。


今回は冬装備のインプレッションということなので、まだ続きます。
お次はグリップヒーター



今更グリップヒーターにインプレッションなんていらないだろ?って思われますよね?
私もそう思いますが、事故の直前に装備したにも関わらずきちんとご紹介してなかったのでここに登場してもらいました。
こちらの商品は今更インプレするほどでもないのでさらりと紹介だけしておきます。

以前のエントリーでもご紹介しましたが、取り付けたのはHONDAアクセスから発売されている全周タイプのグリップヒーター。現行のスカイウェイブについてる5段階調節タイプです。
流石に全周タイプなだけあり、アクセルの角度に左右される指先までしっかりと温めることができとても快適です。
しかし、気になった点が一つありました。グリップヒーターとこの後に紹介するシートヒーターの電源を純正のアクサせり電源からとっています。そしてコレが少し曲者です。
回転数が3000rpm以上であれば特に問題はありませんが、それ以下のとき電圧が12Vかもしくはそれを切ることがあります。特にアイドリング時は顕著に現れるように感じます。
この件について以前さかなさんの掲示板で話題になってように記憶しております。
このためここからETC電源をとっていると極稀に電圧不足でETCがうまく作動しないことがあるようです。

さて、この電圧降下が起きると何が気になるかというと、グリップヒーターの温度が下がるということです。Dモードで走行していれば3000rpm以上で走行するようになっているので特別問題ではありませんが、MTモードで燃費走行のため3000rpm以下で走るような場合ですとグリップヒーターの温度が下がり思うように温かさがえられないのです。特に5段階調整タイプになってから電圧不足の時は保護回路が働きスイッチが切れるようになっています。このため工事の片側通行などで停止状態が長いときはグリップヒーターのスイッチが切れてしまう恐れがあります。今回のお出かけではそのようなことはありませんでしたが、可能性があるだけに今後注意が必要な箇所かと思われます。
とはいえ、6速2000rpmですと時速にして約40km/h~50km/h前後ですのでグリップヒーターを頼るほど寒くならないので大丈夫といえば大丈夫なんですけどね。それに寒くて耐えられないならDモードを使えば良いだけですので、気をつけていれば大丈夫でしょう。

以上の点が気になったところですが、ヒーターが動作しているときはヌクヌクで快適なのはいうまでもありません。これにハンドルカバーでもつけば完璧ではないでしょうかね。

今回のレポートの最後になった冬装備は、シートヒーター
事故修理見積もりにシートが入っていたのでバイク屋さんにお願いしてシートヒーターを発注してもらいました。差額分は自腹ってことでね。せっかくシートヒーターを入れるならばということで、08モデルまでのオプション品ではなく09モデルの標準品にしました。

何が違うのかというと、08モデルまではライダー側にのみヒーターがついていましたが、09モデルではライダーとタンデマーと前後にヒーターがついたのです。またスイッチも前のみと前後の切り替えタイプがつきタンデムツーリングでも快適に過ごせる豪華装備になったのです。モデル末期とはいえ、日々進化?し使い易くなっていくのは嬉しいものです。これでますます、ツアラー志向の度合いが増し欧米でうれるのも分かります。

インプレのほうですが、はっきり言ってシートヒーターはグリップヒーターをしのぐ快適さがあります。車でシートヒーターを利用したことがありますが、バイクでのシートヒーターは初めての経験。どれほど効果があるのか半信半疑でしたが、これはすごい効果ありです。スズキがアドレスV125にシートヒーターをつけたワケがわかる気がします。おしりが温かいと下半身への血流が温められるためか足の寒さが軽減します。今後ツアラーにシートヒーターは冬装備の必需品になるかと想像します。
これは1年中ツーリングする人には是非とも勧めたい一品です。

せっかく揃えた冬装備ですが、残りあと少しの冬シーズンをこの快適装備で満喫したいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

No title

グリップヒーターは知ってましたが、電熱ウェア、電熱シートは驚きですっ! すごい世の中になりましたねー  バイク復活おめでとうございます。

No title

いつも拝見しております

シートヒーターは興味があるのですが、実際に熱がおしりに伝わるのかが疑問でした
冬のツーリングだと大抵はオーバーパンツを履いてしまうので、
その状態でも暖かいのか・・・どうでしょう?

それにしてもアクセサリ電源の使いすぎには注意ですね

No title

お見事!!
詳細なインプレ参考になりました、ベストとグローブのセットがよさそうですねコードはインナーを通しておけば特に支障はなさそうですし、ヒットエアーの安全コードも繋がっているので外し忘れの断線も無いでしょうから今後検討する商品になりそうです。
さすがにヒートシーターまで付けると発電不足になってバッテリー上がりそうで心配ですがね(笑)常時電圧をモニターしておく必要ありそうです。
次はヒートメットとヒートパンツなんかUSA通販でみつけてくるのでは?と心配してます。
そうそう電気毛布みたいなのを膝掛けにしても良いかも!!

Re: No title

> グリップヒーターは知ってましたが、電熱ウェア、電熱シートは驚きですっ! すごい世の中になりましたねー  バイク復活おめでとうございます。

BMWなどは結構前からOP装備としてあったようですよ。
日本だとまだまだ馴染みのない装備ですからね。SUZUKIはV125のリミテッドモデルとSKYWAVEで標準装備としてうりだしました。

最初は半信半疑でしたが、結構効果が高くてびっくりしています。

Re: No title

>>鳥 さん

はじめまして。
オーバーパンツでの効果についてですが、実はまだ試しておりません。
この点については私も気になっていたのですが、スクーターということで
膝に直接風があたらないため、オーバーパンツを履くほど寒くならないので
なかなか試せずにいます。もう少し気温が下がってきたら試してみるよていです。
ただ、先日のキャンプで下着+アンダーパンツ+ジーパン+合羽という状態でしたが
効果はありました。ジーパン+オーバーパンツ程度なら十分使えるかと思います。

電源はホントきになりますよね。
今後バイクも電子機器が増えてくると想像すると灯火類のLED化を視野に入れないと
だめかも知れませんね。

> いつも拝見しております
>
> シートヒーターは興味があるのですが、実際に熱がおしりに伝わるのかが疑問でした
> 冬のツーリングだと大抵はオーバーパンツを履いてしまうので、
> その状態でも暖かいのか・・・どうでしょう?
>
> それにしてもアクセサリ電源の使いすぎには注意ですね

Re: No title

>>宮城県さん

こん○わ。
週末、雪がちらつく中キャンプに行ってきました。
すべてバッテリーパックからの給電で利用しましたが、ベストと靴下はとても暖かく効果バツグンでした。グローブについては風があたり熱が奪われるタメか効果が薄かったです。
冬用グローブのしたに着用はしていたのですが、指先がどうしても冷えてしまいました。
これならグリップヒーター+ハンドルカバー+ノーマルグローブで十分なのかも?って思いました。近々12V給電でどのくらい暖かくなるか試してみたいと思います。

ヒートメットですか!!
なんか面白そうですね。そのうち出来るかもしれませんね。WEBサーフィンしていればいつかみつかるかもしれません。その時はネタにしたいと思います。
ひざ掛けについては別方向で暖かくなる方法を検討しております。そのあたりはいずれご報告させていただきます。

> お見事!!
> 詳細なインプレ参考になりました、ベストとグローブのセットがよさそうですねコードはインナーを通しておけば特に支障はなさそうですし、ヒットエアーの安全コードも繋がっているので外し忘れの断線も無いでしょうから今後検討する商品になりそうです。
> さすがにヒートシーターまで付けると発電不足になってバッテリー上がりそうで心配ですがね(笑)常時電圧をモニターしておく必要ありそうです。
> 次はヒートメットとヒートパンツなんかUSA通販でみつけてくるのでは?と心配してます。
> そうそう電気毛布みたいなのを膝掛けにしても良いかも!!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/261-c8b58c21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。