スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトイージーもどき 

カテゴリ:バイク用品

スカブ250Sを載っている時に使っていたモトイージーを取り付け用と思いましたが、前回製作したものは1灯用。そしてスカブ650は2灯。そのままでは取り付けることができません。
改良しなければいけませんが、せっかくなので作り直してしまえってことで新たに部品を揃えて作り直しです。

今回友人がホンモノを持っていたので全く同じ部品を調達して作ってみました。
問題があるかもしれないので、写真掲載は控えさせていただきますがホンモノと並べてしまうと全くわかりません。

なにせ、配線からリレーまで同じです。唯一違うと思われるのがダイオード。ホンモノはパーツに熱収縮チューブが巻かれており判別できないからです。
とはいえ、ただのダイオードですから熱収縮チューブをはがして確認するほどのパーツではないため以前使用したのと同じ100V1A ダイオードを利用しました。

回路的には前回と全く一緒ですが、出力側を2灯対応させるためにカプラを2個取り付けましたが、それ以外は全く一緒です。

インプレと感想はポチっとして続きをどうぞ
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
早速取り付けし試走してみます。

とはいってもヘッドライトがつくかつかないかなので特に変わったことはありません。

モトイージーの操作方法は簡単。

エンジン始動直後はヘッドライトは消えています。
一旦HiビームもしくはパッシングスイッチをONにするとLoビームが点灯します。
HiビームかパッシングスイッチをOffにするとLoビームはそのまま点灯し続けます。
Loビームが消灯しない限りLoビームは点灯し続けます。

原理は下の回路図をご覧ください。
motoeasy_Off.jpg
まず、電源が入っていない時です。この状態からエンジンを始動しても、リレーがOFFのためLoは点灯しません。
ここでHiもしくはパッシングスイッチをONにします。
motoeasy_Hi_on.jpg
するとHi側に流れた電気によってリレーが作動しLoが点灯します。この後Hi/パッシングのスイッチをオフにします。
motoeasy_Hi_Off.jpg
Lo側のリレーのすぐあとの分岐回路によってHiのリレー回路に電気が流れ込み、リレーのスイッチをONにた持ちます。このとき、ダイオードによってHiビームに電気が流れないようになっています。また、Hi側の電気がLo側に流れないようにするためのダイオードも入れてあります。これにより、リレーにはLoもしくはHiのどちらかの電気が流れるようになっているのです。
これが、モトイージーの仕組みです。

これを参考に制作しあとは取り付けて完了です。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/262-ef3104c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。