スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パドル選び 

カテゴリ:カヤック

カヤックをするのに艇だけあればよいっというわけじゃない。

バイクに乗るのだってバイクだけあればオールOKじゃないのと一緒でいろいろと装備が必要だ。


ってことで、挺の目処がたったので装備を考えることしました。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
カヤックを楽しむのに挺と一緒に重要なのがパドル。
大事な推進力です。

この選択一つで推進力と体力消費などなどカヤッキングを楽しめるかどうかが大きく変わってしまいます。

これも挺と同じようにいろいろな種類があります。
まずはブレード部を大きく分けてスクエア型、非対称型、ナロー型などですね。この中でショートのツーリング向きなのが非対称型。ナロー型はロングのツーリングに向いていると言われています。それからもち手が分割できるものから一本物まであります。

今回の私の選択肢はバイク積載ですので、分割タイプが必須です。
長さはこちらのサイトを見ると大まかの対応表が乗っている。

コレによればツーリングカヤック用で身長160cmだと220cmあたりが良いみたい。

あとは、手に持ってバランスが良いものとか、個々体系や体力。そして経験などによって変わってくるようなので、あとはお店で実物を触って選ぶことにする。

とりあえず、購入候補は
アクアバウンド フレア 4ピース 220cm



キャノン カスケーズ 4ピースアルミ 220cm
ともかく収納サイズ優先の一つ。収納サイズが60cmは立派だ。
値段も安いのでスペアパドルとして購入しておくのもよいかと思う。



もっと高いものもあるけど、最初ってことで安いもので経験してみようかなっと。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

確かにパドルも選らばないとですね。

インフレータブルやカナディアンタイプのカヌーのように浮力があって側面が高い(水面から出ている部分が多い)場合は短いダブルパドルだと側面にパドルが当たって漕ぎにくいです。

私の所有していたスターンズのバックカントリーも215cmのタブルパドルだと少々難儀しました。

アオキカヌーワークスにどの程度のパドル長が必要か?聞いた方が良いかもしれません。

Re: タイトルなし

調べれば調べるほど奥が深くてびっくりしています。

週末にクリアウォーターに良く予定なので、お店で聞いてみることにします。
アドバイス有難うございます。

> 確かにパドルも選らばないとですね。
>
> インフレータブルやカナディアンタイプのカヌーのように浮力があって側面が高い(水面から出ている部分が多い)場合は短いダブルパドルだと側面にパドルが当たって漕ぎにくいです。
>
> 私の所有していたスターンズのバックカントリーも215cmのタブルパドルだと少々難儀しました。
>
> アオキカヌーワークスにどの程度のパドル長が必要か?聞いた方が良いかもしれません。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/334-7321ba5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。