スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車装備 

カテゴリ:自転車

さて、車両本体の発注もすみ手付け金の支払いを本日行ってきました。
残りは受け取りのとき支払うばかりです。

まぁその受け取りも、今のところ1~2ヶ月ほど先。年内に間に合うかどうかって話なんが・・・orz

そんな自転車ですが、本日は本体以外の装備品のお話です。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
先日のOFF会で形から入るプロさんが・・・なんて話がありましたが、今回ばかりはそうでもないですよ

もともと自転車乗りでしたのでこだわりがあるだけです。
さて、そんな自転車乗りのプロさんですが、ここ数年自転車に乗らなかったので自転車用装備がなくなっていたり古くなって使えなくなっていたりしてるので買い替えないといけません。

当面必要であろうものをリストアップです。

・ヘッドライト&テールライト
・バック
・SPDシューズ(クリップははけなくなったSPDシューズを転用)
・サイクルジャケット&パンツ(以前のはきつかったですorz)
・ボトルゲージ
・その他小物を少々

ってな感じです。まさかパンツやジャケットが切れなくなるとは思っていませんでした(TT)
これは本格的にやせないとヤバイです。以前のが着れるようがんばります。

さて、そんな小物類を物色していたら見つけてしまいました。
またショーもないものを・・・

何を見つけたというと、これ
いや、ホント分かっています。バカってことは。

まぁもともと自転車用の尻尾なんていうのはバイク用を調べていたときから見つけてはいました。
で、今回の車両にはもちろんこんなのは付けません。っというかせっかくの分割式で輪行できるのにこんなのつけたら意味ないですから。

っというわけで自転車に尻尾は考えていませんでした。ところが、興味本位でイロイロと見ていてさらに見つけたのがBURLEY Travoy。また、各方面から打診があったクワハラのT1

どうやら、みなさんは自転車にも尻尾をつけろと要望のようです。

杉村商店のTR-L1については組み立て分解など持ち運びの点から除外。
そして「BURLEY Travoy」と「クワハラ T1」このどちらも取り外して持ち運びが出来る様になっている。
これなら輪行時も自転車と一緒に移動できそうです。

どちらも本体重量は約6kg程度、積載重量も30kg以下と同等の能力

違いはヒッチの取り付け位置と荷物の積み方。
クワハラのほうは後輪の軸にヒッチを付けるため重心も低く、タイヤの角度が変えられるのが特徴。
Travoyのほうはシートポストにヒッチがつき、タイヤサイズが大きくかなりの段差も問題なく走ることが可能で、バックが用途に応じて数種類あるのが特徴。おねだんのほうもどちらほぼ同一価格帯。

さて、買うならどっちがいい??





にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

バカな買い物、ひとつだけあります。
カナダ製のサイドバッグ4個&ポーチ2個のセット9万円(爆)

なんでこんなにするかというと、これ全部にウエストベルトを加えると60リットルのバックパックに変身するのであります。
でもバックパックとして使った事はありません…orz

バブルの頃はこんな物もあったという事で(笑)

答えは簡単!

プログレの一輪車に自転車積んで引いて歩くんですよ。
さしずめグレートジャーニーの関野さんみたいに。
んで、後ろの自転車は?って聞かれたらこう答えるんです。
「痩せたらサイクルジャケット着て乗るんです!(キリッ 」

これでもう"ど変態"の称号はプロさんのものですよ(^-^)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/363-c9e9b37f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。