スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんなときも尻尾生活はやめられない 

カテゴリ:自転車

UNI-GOトレーラーを購入してからというもの、尻尾生活に魅せられてしまいました。

UNI-GO以外にも2輪用トレーラーはたくさんあります。

以前のエントリーで何度か紹介していたキャンピングトレーラーやオフロードも走れるトレーラーなどなど魅力的なものが一杯です。

そんなトレーラー生活なのですが、先日一つポチってしまったのがやっぱりトレーラー

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
どんなトレーラー?っていうと

実はSKYWAVE用にじゃなくて自転車用のトレーラー、いわゆるサイクルトレーラーってやつです。

そうです。自転車でも尻尾生活をしようって寸法ですね(笑

実は自転車用の貨物トレーラーも結構一杯あってどれにするか悩みました。

一番有名なサイクルトレーラーってのが「リアカー」(爆

分類的にこれもトレーラーになりますからね。
とはいってもさすがにウチの自転車では引けませんのでボツ。

トーホー工業さんのリヤカー結構お手ごろな価格でこれもなかなかバカにできませんが、デザインと収納および持ち運びでボツ


マネキ製作所のサイクルトレーラーネットで検索するとユーザーが以外におおいのがこのサイクルトレーラー。
UNI-GOのように1輪タイプで運転しやすそうですが、こいつも収納性の問題でボツにしました。
conv0055[1]


そして、今回いろいろと探して候補の上がったのが
クワハラのT-1 と BURLEY Travoy

どちらもはずしたときにカートとして使用でき、モールトンのように輪行時するときに一緒に持っていくことができるという特徴があります。お値段を調べると・・・
クワハラのT-1は62790円、そしてBURLEY Travoyのほうは正規輸入が無いのですが輸入販売してる業者さんを見つけ63400円45800円ただし、どちらのショップもトレーラーのみでバック類がありません。クワハラT-1のようにバックを付けるとなると約150000円増額となります。

クワハラもBURLEYも6万円超です。
これはとても悩みましたが、BURLEY Travoyは本国ではいくらなのかな?って思って調べてみると・・・

なんと!!たったの289ドル。バック類をそれぞれ追加しても400ドル未満です。

業者さんの手間賃や設けを考えると5万~6万円になるのもわかります。
日本に正規代理店ないようなのでココはいつものように個人輸入です(笑

ってなわけで、こちらのショップでポチッ。
ついでにバッグ類も同時注文です。こちらのショップはバッグと一緒に注文すると5%OFFとなる嬉しいお店。
しかも国際配送に対応しています。

が・・・。日本の住所を入れて計算してみるとなんと国際送料が80ドル近いのです。
おいおいそりゃ~ないだろう・・・orz

ってことでいつもの転送業者のスピアネットさんを調べると10kgまでの荷物でも25ドル。20kgまで28ドル。
トレーラー本体の重量が7kg前後、バッグ類と箱や梱包材の重さを考えても20kgは行きません。
http://www.spearnet-us.com/

送料が段違いです。ってことで、スピアネット経由での発注です。
ちなみにアメリカ国内送料は購入金額が99ドルを超えてるので無料になります。

今回はアッパーとロアーの専用バッグ以外にロアー用ショッピングとレインカバーも注文しました。
これでしめて600ドル以下。日本円にしても5万円ちょっとです。国内の業者さんから買うよりもはるかに安いですね。


ところで、なんでBURLEY Travoyにしたかっていうと・・・
形状の問題からなんですね。

クワハラのは専用のかばんがフレームに付いていて荷物はすべてかばんに入れる形になっています。
これはこれで素晴らしいと思います。接続カプラも後輪の車軸ということでバランスもよいでしょう。


しかし、自転車を降りてカートして使うとき輪行した自転車と一緒に持ち歩きにくいのでは??ってことです。
BURLEY Travoyのほうは形状をみてもわかりますが、荷物カートっぽく荷物を乗せて移動しやすいのです。これなら輪行袋に入れた自転車を乗せて移動するのに便利かな??っと
専用のバッグは取り外しが効くので輪行のときはカートに自転車、荷物は手持ちにすれば、楽に移動ができるはず!!
travoy_angle[1] travoy_1[1]
travoy_4[1]

さらに、キャンプツーリングを視野に入れたときこの形ならバックパックをそのまま載せることも可能ではないだろうか??そしてこの大きさと耐荷重なら実はカヤックを載せることも可能(笑

カヤックでリバーツーリングなんてこともしやすいと目論んでいたりします。

すでにショップから出荷連絡はきているのであとは転送の連絡をまつだけです。

4月に参加予定のイベントには持っていく予定です。
あぁまたくだらなく目立つな(笑

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

No title

深夜部は電飾自転車が多いです。
うちの自転車は現時点でLED56個ついてますが
あと20個程増やすかもしれませんw

別の意味で目立ってください^^

Re: No title

>>神流(かんな) さん

56個!!
すごすぎです。
そんなに付いてるのですか?ちょっとすごいですね。
うちは前向き4個に後ろ向き8個の12個です。

あ。あとヘルメットにいくつか付いてるか。

ん~~皆んなすごいですね。

まぁ今いくつかLEDライト発注してるので、当日までにもう少しLEDは増えますね。

とにかく明るいLED注文しました。メチャ明るいという噂です。

> 深夜部は電飾自転車が多いです。
> うちの自転車は現時点でLED56個ついてますが
> あと20個程増やすかもしれませんw
>
> 別の意味で目立ってください^^

Re: どんなときも尻尾生活はやめられない

BSM-S18の輪行時にあまりに重いのでBURLEY Travoyを購入しようかと悩んで、うまく載るのかどうか調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。
BURLEY Travoy に輪行袋に入れたBSMoultonはうまく載りましたか? 
記事を書かれてから一年以上経っての質問でごめんなさい。

Re: Re: どんなときも尻尾生活はやめられない

> BSM-S18の輪行時にあまりに重いのでBURLEY Travoyを購入しようかと悩んで、うまく載るのかどうか調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。
> BURLEY Travoy に輪行袋に入れたBSMoultonはうまく載りましたか? 
> 記事を書かれてから一年以上経っての質問でごめんなさい。

このところ更新していない、ブログをご覧頂きありがとうございます。
トレーラーでの輪行についてですが、こちらの記事を御覧ください
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/blog-entry-416.html

写真がいまいちなので当日Twitterで流した写真はこちら
http://p.twipple.jp/Y2xdP

ちょうどトレーラーの荷台にBSMのタイヤがちょうど収まるような幅でしたでタイヤをしたにしてのせて縛り付けるとちょうどいい感じで輪行も楽にできました。

ちなみに記事にある通り、当日は折りたたみのカヤックを持って輪行で西湖まで行ってきましたが
河口湖駅から西湖までまぁそれなりに走ることができました。
写真が少ないのはその次の記事を読んでお察しください(TT)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/382-7f63b502

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。