スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSR ユニバーサルキャニスタースタンド 

カテゴリ:キャンプ用品

震災直後に知人がLEDランタンを買うというのでWild-1に行ってきたときのことです。

ちょうど私も白ガスが切れたので4L缶を購入し、お店の中をひと通りみて思わず購入したのがMSRのユニバーサルキャニスタースタンド。
DSCN1319.jpg
はっきりいって、すでにプリムスとSOTOのスタンドを持ってるので必要ないしろものです。

でも、金属製のそのつくりと缶を固定する可動式の爪という構造にやられました。
もう物欲魔人さんの勝利確定です(笑


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
早速500缶を装着してみる。
DSCN1321.jpg

110缶を装着してみる。
DSCN1322.jpg

ん~いい感じです。

どちらの缶も可動式のロック機構によってしっかり固定され、付け替えが簡単に行えます。
この構造はなかなか侮れませんね。
DSCN1338.jpg

続いて、手元にあるスタンドと比較してみましょう。
まずは並べてみます。
DSCN1339.jpg
右からプリムス、MSR、SOTOです

MSR ユニバーサルキャニスタースタンド
DSCN1346.jpg

プリムスカートリッジホルダー
DSCN1345.jpg

SOTO スタビライザー
DSCN1343.jpg


ついでに重さも計測
DSCN1326.jpg DSCN1325.jpg
DSCN1327.jpg

意外にもSOTOのが一番軽いとはびっくり。
大きさや形状からプリムスのほうが重いかと思ったら一番重かったのはMSRでした。

さて、この3種類実はそれぞれ特色があります。
MSRはご覧のように110缶と250/500缶を取り付けることができます。また、ロック機構もスプリングで抑えつける構造となっています。

プリムスは110缶と250/500缶はもちろん使えるのですが、少しきついですが、カートリッジガス(CB缶)も使えます。
最近見かけることの無くなった110缶よりも細身の規格の缶のための溝に合うようです。
DSCN1341.jpg

SOTO スタビライザーは110缶は使えないようになっていますが250/500缶とカートリッジガス(CB缶)が使え利用になっています。
DSCN1340.jpg


このようにそれぞれ微妙に使うことのできる缶の種類が違っています。
一番使用頻度の高いのはプリムスのものでした。
私がキャンプに持っていくガスはほとんどが110缶ばかりで、足りなくなったときや予備としてCB缶を持っていくことが多いためこの二つが使えるプリムスの出番が一番多くなってしまいます。

今回購入したMSRですが、使い道がいまいちでしたがお散歩セットにしまうことにします。
理由は見た目がかっこいいから(笑





にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/390-22e4b4ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。