スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uni-Go てんやわんやの通関手続き 

カテゴリ:Uni-Go

本日はすまいるさん主催の恒例ソロキャン練習会に参加する予定でいましたが、Uni-GOが日本に届いてしまったので急遽通関手続きに行ってきました。

一昨日貨物会社から連絡をもらいあわただしく通関のための知識などを詰め込み午前の仕事が終わってから、すぐに成田に向けて出発です。

午後3時には成田に到着し、貨物会社の西濃シェンカーさんでAWBにインボス他、通関に必要な書類を受け取り、成田の税関へ突撃しました。

しか~~し。

待ち受けていたのはいろいとろ面倒な手続きでした・・・・orz
つづきは、ランキングにご協力して下さってから読んでくれるとうれしいな。
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
さて、前回のエントリーで書いたAWBにインボスを持って成田の税関の個人通関窓口にて手続きを行いました。

窓口で書類を提出し「初めてなんですけど~」と、声をかけると税関の職員さんがとても親切に教えてくださいました。
税関なんて聞くとなんだかお堅いイメージのお役所だから手続きとかも大変なのかと思っていたら申告書の書き方から手続きまでぜ~~んぶ一つ一つ教えてくださいました。

Good Job 職員!!!

しかし、ここでいくつかの問題が発生です。
このおかげで今回の通関手続きはとても手間取ってしまいました。

先日のエントリーにも書きましたが手元にあるインボイスには商品代金がUSD1500と書かれていました。
現地で商品がどのようなものか説明をしカタログはないか?と聞かれインターネットで注文したのでそのようなものは無いと伝えたところ、ホームページのURLとかわかる?と聞かれ購入したページのURLである、www.uni-go.comを教えました。

すると、商品がどのようなものか理解してくださったのですが、ページには商品がUSD2800と書かれておりインボイスとの金額に開きがあると指摘されました。

そのため、私が実際に払った金額がいくらなのか証明することができないと、正しい関税額が算出できないから、何とかならないか?といわれてしまいました。

本来ですと、事前にメーカーなどからインボイスをFAXで送ってもらうなどして証明することができるのですが、今回は例により連絡がまったくなくその手の書類が手に入りませんでした。
インボスが無理ならホームーページで購入したときの履歴のページを印刷したのでもよいといわれました。

しかし、そんなものが必要だとはしらずにきていますので持っていません。
散々悩んだ挙句、手元にあったイーモバイル端末でメーカーの購入履歴のページを開いて見てもらうことで証明してもらうという荒業で許可をもらうことができました。

3時30分に税関の窓口に到着し、この時点ですでに4時30分。
かなり手間取ってます。
書類がすべてそろっていれば、この段階で受け取り許可証をもらうことができたのにまだまだ終わりません。

続いて第2の問題の発生です。
今回輸入したものはトレーラーですので、日本でナンバーを所得するためには自動車通関証明書なるものが必要になります。そして自動車通関証明書には車体番号を記入しないといけないのです。

しかし、手元にあるインボイスにはそのようなものは記載されていません。

結局、現物で確認することができるといわれました。
通関手続きが終わっていなくても、内容点検といって荷物の確認を行うことができるのです。
そこで、荷物が保管されている場所まで出向き確認してきました。

関税のある建物から荷物が保管されている倉庫まで300m程度はありますでしょうかね。
こいつを往復しないといけません。

倉庫に到着し手続きを済ませるとすでに午後5:00です。
内検場所にて梱包を解いて車両を見渡したところ車体番号にあたるVINコードが書かれているプレートを見つけます。ここでまたまた問題発生!!

このに書かれているVINコードが刻印ではなく印刷なのです。

コレでは石刷りができません。カーゴ部の中身を確認し部品とかあるかもチェックしながら、どうしようかと悩んでいると、付属品の中に書類の束を発見。

一つ一つチェックすると、なんとココに購入金額が書かれたインボイスとパッケージリスト。さらにVINコードが書かれたCERTIFICATE OF ORIGIN FOR A VEHICLE(原産地証明書)が出てきました。
_DSC1897.jpg

をぃをぃ・・・・一番必要だった書類が今頃発見ですか・・・・orz
あれほど、この書類をFAXしろとメーカーに連絡したのにもかかわらず無視されいきなり荷物が届いたら、それが荷物のなかですか・・・orz
やっぱりアメリカさんのやることがすさまじくアバウトです。

ここで凹んでいてもしかたありません。まだ通関手続きが終わっていない荷物から物を持ち出すのは違法になるので、ここでいったん税関に戻ります。

事情説明をし立会い内容点検をしていただくことになりました。
またまた、倉庫に戻り荷物の中の書類を確認してもらい、必要な無いようを記録します。その後窓口に戻ってきてさらに書類作成です。

最初に申告した内容と金額が違ってきたため、書類の作り直しです。

しかも、事務所に戻ってきたところで時間は午後6:00。
なんと、土曜日の窓口は午後6時までとなっています。それ以降は時間外の扱いになります(泣
そのため、職員さんが入れ替わってしまいました。とはいえきちんと引継ぎを行っていますので問題ありません。

ここで豆知識を一つ。
トレーラーキットや車やバイクのフレームだけのような自動車の形をしていないものや内燃機関が無いものに対しては自動車通関証明書は発行することができないそうです。この場合は通常貨物と同じように通関証明書となります。どちらにもフレーム番号の記載がされているためナンバー所得時の必要書類として有効になります。
後日、軽自動車検査協会に確認したところ自動車通関証明書を発行してもらわないとダメだそうです。自動車通関証明がもらえるかどうかは輸入形態によります。今回のようにトレーラーキット(組み立てトレーラー)として輸入してると部品扱いで自動車通関証明はもらえません。発送時にきちんとトレーラーとしてインボイスを作成してもらわないといけません。(2009/04/23加筆修正)

ということで、今回もらえるのは「通関証明書」になります。
そしてこの証明書をもらうためには400円の印紙を貼らないといけないのです。もちろん私は持っていません(笑
とはいえ、ココにはそれを販売しているところがちゃんとあります。場所は、税関の建物を出た向かいにあるコンビニです。このコンビニに行くにしても100mほど歩きます。

さっきから移動時間ばっかり食っている気がします。

やっとのことで収入印紙を購入し、必要書類を書いて提出し待つこと15分。
税金のお支払い金額が確定です。

トレーラーの輸入関税は0%ですので必要な税金は消費税のみとなります。
そしてこの消費税の計算がややこしい・・・。とはいえその辺の計算と書類の記入は全部職員さんがやってくれました。(いや~ホント優しい方々です)

計算方法は総支払い金額(本体価格+送料+諸経費など)のUSD3180に対して4/5の消費税と1/5の地方税を按分して支払うことになります。
ですので、USD3180を本日の換算レート(USD1=98.77)で計算すると314088円(小数点切捨て)。その4%ですから12500円(下二桁切り捨て)そして地方税が1/5ですから4%の消費税に25%をかけることにより3100円(下二桁切り捨て)となり、この合計金額の15600円が支払うべき税金となります。

そしてコレを支払いさらに待つこと15分。
これでやっと輸入許可書と輸入通関証明書を受け取ることができました。

あっち行ったりこっち行ったりしながら手続きを済ませること4時間。通関手続きが終わったのは夜の7時30分。事前に書類があれば1時間で終わるところがなんと4倍!!
インボイスや原産地証明書が荷物と一緒なのを知っていれば+30分程度で終わったのに、なんだか疲れてしまいました。

これで安心してはいけません。あとは荷物を受け取るだけです。
先ほど荷物を見るために行った倉庫に今度こそ荷物を受け取りに行きます。

通関許可書を渡して受け取り手続きをします。
このとき手数料を支払います。
今回は
基本料金250円
蔵置場内作業料930円
輸入蔵置場施設利用料437円
時間外搬出手数料900円

合計2517円
午後6時を回っていますので時間外の料金が加算されてしまいました。
3時に到着したにもかかわらず無駄な出費を払っています(TT)

コレをバイクに積み込むわけですが、前回のエントリーに書いたとおり外箱がでかい!!
木製のベースに本体が固定されており、それをダンボールで囲ってある構造です。付属品やパーツなどはすべてカーゴ内に収納されていました。

やはりどうがんばっても箱のまま詰め込むことを断念。
箱を現地処分してもらうことにしました。処分料として3000円かかるが仕方ありません。

付属品関係をシート下に収め、本体のみをリアシートにくくりつけます。
高速道路を利用して帰るのでしっかりと固定します。
SANY0038.jpg SANY0037.jpg
写真は途中のPAにて

これで受け取りまですべて完了です。あとは家までこれを持ち帰るだけ。

東関東自動車道から湾岸線を走り、保土ヶ谷バイパスから国道16号線というルートで帰宅しました。
家についたのは夜の10時。
お昼の2時に出発したので約8時間かかって荷物を受け取りに行ったことになります。

そして無事に我が家の車庫へ荷物が鎮座しました。
SANY0040.jpg _DSC1886.jpg

どれくらい大きいのかいまいち伝わらないと思うので中身はコンナ感じになっています。
_DSC1890.jpg _DSC1892.jpg
SHOEIのX-9(Sサイズ)を置いてみました。コレでもよくわからないですか?

仕方ありませんね。
これならどれだけ大きいかわかるでしょ。












で~~~~~ん












_DSC1894.jpg


ゴメンなさいゴメンなさい・・・・

Youtube見て自分もやってみたくなりました(笑

こうして無事に手元に届いたわけです。
では今後の予定


・車両の改造
・トレーラーの改造
・ナンバー所得
・公道デビュー
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

Re: Uni-Go てんやわんやの通関手続き

無事に通関、おめでとうございます。

ナンバー付けて走っている姿、早く拝んでみたい。
ギャラリーが多そうだけどね(^^;

最後の写真、朝一番で声を出して笑ってしまいました。
嫁も一緒に大笑いです(笑

Re: Uni-Go てんやわんやの通関手続き

アメ公に振り回されっぱなしですなぁ~。

何はともあれ手元に届いて一安心。G/Wにも間に合いそうで何より。

しかし結構でかいですね。。

トレーラの上にタープ張って、中で寝れそう?

Re: Re: Uni-Go てんやわんやの通関手続き

> 無事に通関、おめでとうございます。
ありがとうございます。

> ナンバー付けて走っている姿、早く拝んでみたい。
> ギャラリーが多そうだけどね(^^;
登録するときに日本に何台登録あるか聞いてみるつもりです。
しかし、海老名SAにいったら注目されまくりだろうなぁ・・・。

> 最後の写真、朝一番で声を出して笑ってしまいました。
> 嫁も一緒に大笑いです(笑
いや~笑っていただいて光栄です。
わざわざネタ作りしたかいがあったものです。

Re: Re: Uni-Go てんやわんやの通関手続き

> アメ公に振り回されっぱなしですなぁ~。
> 何はともあれ手元に届いて一安心。G/Wにも間に合いそうで何より。

もうねぇアメ公はアバウトですわ。
まだまだ振り回されていますよ。登録までずっと振り回されそうな予感がします。
うまくすれば今週中に、遅くとも来週には登録できそうです。

> しかし結構でかいですね。。
マジでかいです。積載考えるのがバカらしくなりましたよwww

> トレーラの上にタープ張って、中で寝れそう?
中で横になれないからなぁ・・・とりあえず座ることは可能ですww

Re: Uni-Go てんやわんやの通関手続き

わっはっは!中に入って記念撮影・・・
絶対にやると思ってました(*^^)v

Re: Re: Uni-Go てんやわんやの通関手続き

> わっはっは!中に入って記念撮影・・・
> 絶対にやると思ってました(*^^)v

あはははは。やっぱりわかっちゃいましたか?
でもコレはお約束としてやっておかねばならいことでしょう?

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/84-f6529a99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。