スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uni-GO 牽引可能な車両総重量の記載変更 - 登録編 

カテゴリ:Uni-Go

サービスマニュアルが届くのが待てずにいつものバイク屋で手続きに必要なデータだけもらって計算書作って持っていこうと思い、バイク屋まで行ってきました。

しか~し。
駐車ブレーキのデータが無かったり、主ブレーキのデータが前後別々に書かれていたりと、計算するにはちと難しい。

そんなわけで、もう自分じゃできないので直接検査場に言ってきました。
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
車検証と判子と身分証明書とわずかなお金を持って多摩の検査場へ言ってきました。

「牽引可能な車両総重量の記載変更をしたのですよ。」
言うと、車検証もって検査の係りの人のところで計算してもらってとあっさり言われてしまいました。

検査レーンの0番のところで係りの人に計算してと車検証を私待つこと数分。

計算された証明書を渡されます。

これを持って、今度は車検証記載変更手続きを行います。
必要な用紙を購入し、係りの人に書き方を教えてもらって提出し待つこと数分。

とてもあっさりと車検証の記載変更が完了してしまいました。
なんというか、あれほど下準備とかいろいろしたのにそれらすべてを意味無いものにしてくれるほどあっさりと終わってしまいましたよ。

計算の結果、主ブレーキ有りで580kg、主ブレーキなしで135kgまでのキャンピングトレーラー等を引くことが可能になりました。
_DSC1931.jpg

Uni-Goの場合、車体と荷物をあわせても100kg行きませんから問題なしですね。
主ブレーキ有りで580kgまでですから、バイク乗せるカーゴトレーラーとかボートトレーラーも何とかなるかもしれませんね。
計算上引けるというだけで実際に引いても大丈夫かというのは別問題ですけどね。

さて、せっかくココまで来たのだからと、軽自動車検査協会にもよってきました。
こちらのほうでは、提出しなければいけない書類に間違いがないか、他に必要なものはないか、保安基準の解釈に間違いはないかなどを事前に確認使用と思いいろいろ聞いてきました。

そして、ここで重大なことが発覚してしまいまいた。

まぁ通関した段階でうすうす感じてはいたのですが、現実のものとなってしまいました。コレについては改めて書きますのでしばしお待ちを・・・。
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックお願いします。
関連記事
ブログランキングに参加しております
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
クリックにてご協力お願いいたします

この記事へのコメント

Re: Uni-GO 牽引可能な車両総重量の記載変更 - 登録編

出ました580kg!

バイクがボートトレーラ引っ張ってたら、まわりのファミキャンとぉちゃん

( ゚д゚)ポカーン

ですな。

せがれ『パパ! 何あれー??』

とおちゃん『見、見ちゃいかん!!』

Re: Re: Uni-GO 牽引可能な車両総重量の記載変更 - 登録編

> 出ました580kg!

計算結果見たときは、笑っちゃいましたよ(笑

> バイクがボートトレーラ引っ張ってたら、まわりのファミキャンとぉちゃん
>
> ( ゚д゚)ポカーン
>
> ですな。

ですねぇ~。まぁ現実問題として引けたとしてもまともに走れるとは思えませんけどね。
もしやるなら、ブレーキ強化して馬力アップさせますよ。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hobbybox2.blog54.fc2.com/tb.php/88-31db64ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。